家造スタッフによる日常や現場のことなどを書いたブログです。

0120-918-085

〒950-3304 新潟県新潟市北区木崎863-2

blog

つくり手ブログ

Calendar
カレンダー

2018年12月
« 11月   1月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

Contributor
投稿者

2018/12/14 スタッフの家づくり Vol.51 シンク下の活用

以前のブログでも紹介しましたが、わが家のキッチンは予算減額のためにシンク下の収納をやめてオープンにしました。

妻が考えに考えた末、「シンデレラフィット!」と自画自賛した収納方法をご紹介します。

 

ウッドワンのスイージーはシンク下をオープンにすることで、そこにゴミ箱などを収納することができます。

有効寸法として、W=1017㎜、H=640㎜ありました。

その幅と高さを考慮して、何をどう収納するか…

選び抜いた結果、採用されたのこちら!

 

①「KEYUCA」arrots ダストボックス ゴミ箱27L×2個

②「無印良品」スチールユニットシェルフ・スチール棚セット・ミニ

+追加用ワイヤーバスケット56㎝タイプ2段

 

ゴミ箱の幅寸法が、最大で220㎜×2=440㎜

ユニットシェルフの幅寸法が、最大で560㎜(カタログ上は580㎜)

ちょうど1,000㎜(1m)で納まります!

よくぞここまで考え抜いたなと感心しております。

 

「KEYUCA」のゴミ箱は正直、ゴミ箱でこの値段か!というくらい最初は驚きましたが、機能と使いやすさ、見た目のすっきりとしたデザインはとてもいいです。

累計30,000個以上売れている理由がわかります。

無印のユニットシェルフは、カタログで単品の写真しか掲載されていなく、実際組み合わせてみないとわかりません。

わが家は上段にアルミホイルやサランラップ類、下段にキッチンペーパーやゴミ袋などを収納。

一応妻の了解を得て写真を掲載しましたが、まだ完成形ではないとのこと。

ごちゃごちゃしているのでもう少しワイヤーバスケット内の収納を考えるそうです。

 

 

暮らす前はキッチンの収納不足を少し心配してましたが、十分に足りてる印象。

リビング側からゴミ箱が見えないので、このシンク下の活用はおすすめです!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お問い合わせ

お問い合わせ

facebook

insta

access

pagetop

Copyrightc 2017 家造(加藤組). All Rights Reserved. Created by Co., Ltd ABABAI.
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。