家造スタッフによる日常や現場のことなどを書いたブログです。

0120-918-085

〒950-3304 新潟県新潟市北区木崎863-2

blog

つくり手ブログ

Calendar
カレンダー

2019年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  

Contributor
投稿者

2019/02/04 木の家を楽しむスタッフの暮らし vol.53 どんどん好きになるように

リビングからの景色。デッキに少し積もった雪。

朝日がわずかに差し込んだ様子と

澄んだ空気が綺麗な気がして写真を撮りました。

 

まずは、ひとつご報告。

私ごとではありますが、

この度

3月いっぱいで家造を退社することになりました。

 

子供の成長とともに

土日、祝日に働くことが難しくなってきました。

 

家造を離れるのは、寂しいなぁ・・・という気持ちもありますが、

今後は家造で家を建てたOBとして

娘も一緒にイベントに参加したり、

遊びにきたりしようと思っているので

それはそれで楽しみかも!と思っています。

 

この『木の家を楽しむスタッフの暮らしブログ』も

もうしばらくの間よろしくお願いいたします。

 

 

前回のブログで

「エピソードや背景があるものに

かこまれている暮らしって豊かだなぁと感じました。

これからは、そんな風に物を選んで

そんな物達と暮らしていきたいなぁと思いました。」

と書きました。

 

そんな中、

家そのものも、そんな風に思えることは有難い事です。

家を建てて、その会社で働かせてもらえて、

家造の家づくりに関わる方々や考え方を

より知ることが出来たので尚更とは思いますが、

 

家を思う時、

社長の顔、若山さん佐藤さん(スタッフ)の顔、

渡辺さんをはじめとする大工さんの顔・・・

話したことや人柄などなど様々浮かんできます。

(みんな、なかなか個性的で面白く、いい人ばかり。

お世辞・・・ではなく、

家造で家を建ててもらえて本当に良かった!と思っているのです。

もし、反対に見たくない内情があったらどうしていたのか・・・

と今更ながらホッとしたりもしています)

 

これからも家造のイベントやメンテナンスなどを通して

ますます背景に厚みが増していくのだと思いますし、

何より

暮らしていく年月も様々な色を足してくれると思います。

これからも

どんどん家が好きになるように暮していきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新潟で木の家・自然素材の注文住宅なら家造(いえぞう)にお任せください。

お問い合わせ

お問い合わせ

facebook

insta

access

pagetop

Copyrightc 2017 家造(加藤組). All Rights Reserved. Created by Co., Ltd ABABAI.
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。